XM(XMTrading)のボーナスを徹底解説

XM(XMTrading)のボーナスを徹底解説のアイキャッチ画像

豪華ボーナスを提供するXM(XMTrading)とは

豪華ボーナスを提供するXM(XMTrading)とはのアイキャッチ画像

XM(XMTrading)とはセーシェル共和国に拠点を持つ大手海外FX業者です。海外FX業者とは日本に拠点を持たないFX業者のことです。

日本に拠点を持たないため日本のレバレッジ規制の対象外となり、400倍や1000倍といったハイレバレッジが特徴です。

その海外FX業者の中でもXM(XMTrading、以降XMと表記)はトップクラスの人気を誇る有名海外FX業者です。

その人気の理由は

  1. 口座開設をするだけでもらえる3000円のボーナス
  2. 上限が225万円の100%+20%入金ボーナス
  3. 取引額に応じてキャッシュバックがもらえるXMロイヤルティプログラム

といった大盤振る舞いのボーナスにあります。

これだけの大盤振る舞いのボーナスを出す業者だと「ボーナスを餌に入金を促して資金を持ち逃げするんじゃないの?」と疑う人もいるかもしれませんが、XMはこの大盤振る舞いのボーナスを実に10年近くも続けており、その間出金拒否などの大きなトラブルは一切発生していません。

この大盤振る舞いのボーナスの他にも

  • レバレッジは最大888倍
  • 口座の資金がマイナスになったとしても追証はなし

という点もXM人気の理由です。

この最大888倍のハイレバレッジと追証なしのシステム、そして大盤振る舞いのボーナスとを合わせれば、小さい投資金額で大きく儲ける事が可能となるのです。

XM(XMTrading)の3000円口座開設ボーナス

XM(XMTrading)の3000円口座開設ボーナスのアイキャッチ画像

XMの3000円口座開設ボーナスとは文字通り「口座開設をするだけで3000円分のトレード資金がもらえる」ボーナスのことです。

口座開設申請をし本人確認の書類を提出すれば、一切入金することなしに3000円分のトレード資金が口座に付与されます。もちろんその3000円分のボーナスを使って出た利益は出金することができます。

利益分の出金には「0.1lot以上のトレード」「5回以上のトレード」という出金条件を満たす必要がありますが、どちらの条件も容易にクリアできるものです。

XMの3000円口座開設ボーナスの受け取り方

まずはXMのサイトで口座開設の手続きをします。

この口座開設手続きの際に注意すべきなのは、3つの口座のうちどの口座を選ぶかということです。
口座にはスタンダード・マイクロ・XMzeroの3種類の口座があるのですが、この3000円の口座開設ボーナスだけで言えばこの3つのうちどれを選んでも問題はありません。

しかしXMzero口座はこの後説明する「100%+20%入金ボーナス」「XMロイヤルティプログラム」の2つのボーナスが受けられなくなるというデメリットがあります。

このXMzero口座自体はスプレッドがほぼゼロで取引できるという大きなメリットがある口座なのですが、それと引き換えにボーナスが3000円の口座開設ボーナスのみというデメリットがあるのです。

さて、口座開設の手続きが済んだら次は本人確認書類を提出します。この本人確認書類の提出を「口座の有効化」といいます。

本人確認書類は「顔写真付きの身分証明書」と「住所証明書」の2種類が必要です。

顔写真付きの身分証明書はパスポートや運転免許証、マイナンバーカードなど、日本で使える顔写真付きの身分証明書がそのまま使えますので分かりやすいのですが、少し分かりにくいのが日本ではあまり馴染みのない住所証明書です。

これは口座開設申請をした本人が本当にその住所に住んでいる、ということを証明する物で、運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、もしくは発行後6ヶ月以内の公共料金の明細や領収書などが使えます。

ただし、身分証明書で運転免許証を使った場合は住所証明書の方では運転免許証を使うことができません。身分証明書と住所証明書は別々の書類である必要があるのです。本人確認書類が用意できたらスキャンもしくはスマホで撮影してネット経由で提出します。

本人確認書類提出後、24時間以内に口座に3000円分のボーナスが振り込まれますのでトレードを開始しましょう。

3000円口座開設ボーナスの注意点

このように口座開設するだけで3000円のボーナスがもらえるわけなのですが、注意点がいくつかあります。

1、ボーナスを受け取るのは一人一回のみ

XMでは一人当たり最大8つまで口座を開設することができるのですが、「なら8つの口座を作れば8回3000円のボーナスが受け取れる」とはなりません。

口座開設ボーナスは一人当たり一回のみです。

2、受け取れる3000円はあくまでもトレード資金

この口座開設ボーナスで受け取れるのはあくまでもトレード用の3000円であって現金ではありません。

例えばこの受け取った3000円のボーナスで取引をし5000円の利益を上げ口座資金が8000円になったとします。この際、実際に出金できるのは8000円のうち5000円分だけです。

そして一度出金すると口座開設時にもらった3000円分のボーナスは減ってしまいます。
どれぐらいの金額が減ってしまうのかというのは計算式があり「ボーナスの残高×出金依頼金額÷出金可能総額」という、一見ちょっと分かりにくい計算式ですので例を上げて説明しましょう。

例えば口座開設ボーナスで5000円の利益を上げ、一切入金せずに5000円全額を初めて出金する場合、計算式はボーナス残高が3000円で出金依頼金額が5000円、ボーナスの3000円は出金できなのいので出金可能総額は利益分の5000円のみとなり、計算式は「3000円×5000円÷5000円=0円」となります。

つまり3000円の口座開設ボーナスは全てなくなってしまいます。

もし出金前に5000円を入金した場合の計算式は「3000円×5000円÷1万円=1500円」となり口座開設ボーナスは半額になるだけで済みます。

一見するとややこしい計算式ですが、何のことはありません。一切入金せずに全額出金しようとすると口座開設ボーナスは全てなくなってしまうというだけの話なのです。

3、最低5回のトレードをしないと出金できない

口座開設ボーナスで稼いだ利益を出金するためには出金条件を満たすトレードノルマをこなさないといけません。

とはいうもののその条件はかなり緩く0.1lotの取引量(マイクロ口座では10lot)と5回の取引回数という二つの条件を満たすだけです。

海外FXの口座開設ボーナスは、事実上出金不可能とも言えるような過酷な条件を課しているところが多いことを考えるとかなり良心的と言える条件です。

4、キャッシュバックサイト経由で口座開設した場合は口座開設ボーナスを含めた全てのボーナスがもらえない

キャッシュバックサイトとはトレードの取引額に応じて現金をキャッシュバックしてくれる業者のことです。

1lotの取引あたり8ドルを還元してくる業者もあり、キャッシュバック目当てでプラスマイナスゼロになるような取引をひたすらこなす人もいます。

しかしこのキャッシュバックサイト経由で口座開設をした場合は口座開設ボーナスの対象外となるだけではなく、この後紹介する入金ボーナスやXMロイヤルティプログラムも対象外となります。

XM(XMTrading)の100%+20%ボーナス

XM(XMTrading)の100%+20%ボーナスのアイキャッチ画像

100%+20%ボーナスとはいわゆる入金ボーナスのことで、例えば1万円を入金した場合100%入金ボーナスの1万円がついて合計2万円分でトレードができるのです。

どれくらいボーナスがつくかというのは入金した金額によって決まります。

1、5万円までの入金には100%ボーナス

例えば4万円を入金した場合100%ボーナスの4万円がついて合計8万円でトレードが可能になります。

2、5万円以上の入金には100%+20%ボーナス

5万円を超える入金の場合は、5万円の部分と5万円分を引いた残りの金額でボーナスのつき方が変わります。

例えば15万円を入金した場合5万円分までは100%入金ボーナスがついてトレード資金は10万円分になります。そして残りの10万円の部分には20%入金ボーナスが適用されトレード資金は12万円分になり合計で22万円分のトレード資金を得ることができます。

XMの入金ボーナスはこのような二段階方式となっているのです。

なお入金ボーナスは225万円まで適用され、それを超えると入金ボーナスは一切付きません。

100%+20%ボーナスの注意点

この入金ボーナスにも注意点がいくつかあります。

1、入金ボーナスはXMzero口座では付与されない

XMにはマイクロ口座・スタンダード口座・XMzero口座の3つの口座があるのですが、この内入金ボーナスが付与されるのはマイクロ口座とスタンダード口座の2つだけで、XMzero口座には入金ボーナスは付与されません。

XMzero口座はスプレッドがほぼゼロになると言う好条件の取引環境を提供している代わりに、入金ボーナスという恩恵が受けられなくなっているのです。

2、入金ボーナスは何回でも適用されるが通算上限金額がある

海外FXの入金ボーナスは他の業者にありがちな「初回入金時のみ」「入金ボーナスチケットが付与された時」など、一度入金ボーナスを使うとそれでおしまいというような回数制限があるタイプではなく「通算の入金金額」で入金ボーナスの条件が定められています。

つまり、1回目の入金で1万円入金すれば100%ボーナスがつき、2回目の入金でまた1万円入金すればこれも100%ボーナスがつき、3回目の入金で3万円入金するとこれもまた100%ボーナスが付きます。

そしてこの3回の入金で通算が5万円の入金になりましたので100%入金ボーナスは使い切ったという形になり、4回目の入金からは20%入金ボーナスの適用となります。

3、出金するとボーナスが減る

この入金ボーナスも口座開設ボーナス同様、出金金額に応じてボーナスが減額されます。

計算式は口座開設ボーナスと同じで「ボーナスの残高×出金依頼金額÷出金可能総額」です。

例えば5万円を入金して100%入金ボーナス受け取り、トレードで1万円の利益を上げ、その1万円を出金しようとした場合は「5万円×1万円÷6万円≒8300円」となり8300円のボーナスが消滅します。

全額出金すればボーナスも全て消えてしまうのは計算するまでもありません。

4、トレードの損失はまず入金した金額から差し引かれ、入金した金額の残高がゼロになってからボーナスが使われる

例えば5万円の入金をして100%入金ボーナスをもらった場合、資金は合計で10万円となります。
そしてトレードをして5万円の損失が出た場合、損失分は入金した5万円分から差し引かれます。

つまり現金0円+ボーナス5万円という資金の構成になるのです。

最初にボーナスから損失が差し引かれればありがたいのですが残念ながらそうはならないのです。

5、追加口座を作成してもボーナスの上限金額は変わらない

XMは前述の通り一人8口座まで口座を作ることができますが、いくら口座数を増やしてもボーナスの上限が増えることはありません。

いくら口座数を増やそうとも一人当たり5万円までが100%入金ボーナス、5万円を超えて225万円までが20%入金ボーナスです。

6、ボーナスそのものは出金できない

口座開設ボーナス同様、ボーナスはあくまでもトレード専用の資金ですのでボーナスそのものを出金することはできません。

出金できるのは入金した金額と利益分のみです。

XM(XMTrading)のロイヤルティプログラム

XM(XMTrading)のロイヤルティプログラムのアイキャッチ画像

ロイヤルティプログラムはトレードを行うごとにXMポイントがもらえるキャッシュバックシステムのことです。

XMポイントは、ボーナスに変換してトレード資金として使えるだけではなく現金化することも可能です。

また取引日数に応じてランクがアップするシステムも取り入れられており、最低ランクと最高ランクではポイント還元率が2倍もの差になります。

XMロイヤルティプログラムの特徴

1、1lotの取引ごとに10から20XMポイントがもらえる

1lot、つまり10万通貨単位の取引を一度行うと10から20XMポイントがもらえます。

もらえるポイントは取引日数に応じたランクによって決定され、初期段階の最低ランクであるエグゼクティブ(Executive)の場合は10XMポイントですが、100日間取引をすると到達することができる最高ランクのエリート(Elite)になると20XMポイントももらうことができるようになります。実にその差は2倍です。

2、XMポイントをトレード資金に変える場合は「(XMポイント÷3)USD」の金額に変換できる

XMポイントは、トレード資金として使えるボーナスクレジットに変換することができます。

例えば120XMポイントを所持している場合「120÷3=40USD」の金額がボーナスクレジットとして追加され、トレードに使える資金となります。
120XMポイントは最高ランクのエリートなら60lotでの取引で到達する金額ですので還元率としてはそう悪くはない金額と言えます。

なおこのボーナスクレジットは口座開設ボーナスや入金ボーナスと同じ扱いとなります。

つまりボーナスクレジットそのものは出金できず、出金できるのはボーナスクレジットを使ったトレードによる利益分だけです。そして出金をすると他のボーナス同様にボーナスが目減りします。

3、XMポイントを現金に変える場合は「(XMポイント÷40)USD」の金額に変換できる

XMポイントは現金にも変えることができます。120XMポイントを所持しているなら「120÷40=3USD」の現金にすることができ、もちろん出金もできます。

しかし上のボーナスクレジットと比較するとお分かりのように、かなり還元率が悪いと言えます。

どうしても現金に変えなければいけない事情でもない限りはXMポイントはボーナスクレジットに変換するのが良いといえます。

4、XMポイントの還元率が最も高いエリートランクになるためには100日間の取引実績が必要

XMロイヤルティプログラムでは最低ランクのエグゼクティブ(Executive)ゴールド(Gold)ダイヤモンド(Diamond)、そして最高ランクのエリート(Elite)と4段階のランク制が取られています。
そしてこのランクによってポイントの還元率が大きく変わってきます。

初期段階のエグゼクティブ(Executive)では1lotの取引当たり10XMポイントの還元ですが、最高ランクのエリート(Elite)となると1lotの取引当たり20XMポイントの還元となり、実に2倍の差になります。

ではそのような高還元率であるエリートランクになるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは「取引を行った日を100日間作る」という単純なものです。取引のlot数はいくらでもよく、10lotでも0.01lotでもとにかく取引さえしてしまえば取引を行った日数としてカウントされます。

そのため最低取引lot数が低いマイクロ口座でコツコツと取引実績を重ねてエリートランクにしてから大きなlotの取引を始めるという人もいます。

注意としては取引を行っていない日数が連続100日を超えると、エリートランクから一気に最低ランクのエグゼクティブで陥落していくという点です。

一度エグゼクティブに陥落するとまた1から100日間の取引のやり直しとなるので、一度エリートランクになった後は定期的に取引をして、取引をしていない日が連続100日を超えないようにすることが必要です。

XMロイヤルティプログラムの注意点

1、注文してから10分以内に売却したポジションは取引とみなされない

新規注文を出してから10分以内に決済をしてしまったポジションは取引とみなされません。
XMポイントをもらえませんしランクアップのための実績ともなりません。

スキャルピングなど頻繁に売買を繰り返すトレード手法を取っている人には大きなデメリットと言えます。

2、マイクロ口座は1lotが1000通貨単位であることに注意

XMポイントの還元率は1lotあたり10から20XMポイントというのはすでにお話しした通りですが、海外FXでは一般に1lotとは10万通貨単位のことを指します。

しかしXMのマイクロ口座では1lotが1000通貨単位という設定になっています。つまり1lotが実質0.01lotになっているのです。

そのため、マイクロ口座ではもらえるXMポイントは通常の1/100となってしまいます。

3、XMzero口座はXMロイヤルティプログラムの対象外

入金ボーナス同様、XMロイヤルティプログラムでもXMzero口座は対象外となります。

XM(XMTrading)のボーナスまとめ

XM(XMTrading)のボーナスまとめのアイキャッチ画像

このようにXMでは大盤振る舞いのボーナスと高い還元率を誇るキャッシュバックシステムがあり、他の海外FX業者に比べかなり有利な条件でトレードが可能と言えます。

特に注目すべき点は口座開設だけでもらえる3000円のボーナスです。

口座開設をするだけでもらえる未入金ボーナスを実施している業者というのはかなりレアな存在なのですが、XMの場合それに加えて出金条件がかなりゆるいというのも特徴です。

このような口座開設だけでもらえる未入金ボーナスというのはかなりの取引実績を出金条件としているのが普通であり、XMのように5回のトレードだけで出金可能で、さらに出金上限がないというのは超が付くほども好条件と言えるのです。

ではこのような好条件のボーナスをどのように活かせば良いのでしょうか?
それはXMの特徴である「888倍のハイレバレッジ」と「赤字になっても追証なし」という条件を利用したトレードです。

888倍のハイレバレッジと追証なしの組み合わせがあれば宝くじを買うような感覚で一発狙いの大勝負が可能となります。

そして口座開設でもらった3000円のボーナスを使えば全く懐が痛むことなしにこの一発狙いの大勝負に参加することができるのです。

国内FX業者を使って低レバレッジでコツコツと稼ぐのも悪くはないのですが、このような一攫千金狙いの夢あるトレードを行うのもXMだからこそ可能と言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です