XM(XMTrading)のVPSサービスってどうなの?

XM(XMTrading)のVPSサービスってどうなの?のアイキャッチ画像

VPSとは?

VPSとは?のアイキャッチ画像

VPS(Virtual Private Server)とは仮想専用サーバーのことを意味します。

1台の共有サーバーの中に仮想サーバーとして個別のサーバー空間を作り上げることで、あたかも専用サーバーを使っているように使用することができるもので、ちょうど専用サーバーと共用サーバーの良いとこどりをしたようなサーバーです。

サーバー比較

専用、VPS、共有の3種類のサーバーを比較した際にどんな位置づけになっているのかを比較したのが下記の結果です。

結論としては、VPSは全てにおいて専用サーバー、共有サーバーの中間点に位置するサーバーであるということです。

機能面で最高スペックにこだわるなら専用サーバーだけど、費用面でちょっと高いと感じるという人は、これまでだと機能面・開発自動度は落ちるけど共有サーバーで我慢しようと涙を呑んでいましたが、そこにVPSが新規参入してきた形となります。

サーバー性能
共有<VPS<専用

サーバー自由度
共有<VPS<専用

サーバー費用
共有<VPS<専用

メリット

VPSのメリットを2つご紹介します。

専用サーバーのように高いスペックを安価で利用可能

先ほども紹介したように、専用サーバーのような独自のサーバー環境を仮想とは言え作っているため、他のユーザーの影響を受けづらく快適に操作することができます。

しかも、専用サーバーに比べればはるかに安価な値段で利用することができます。

共有サーバーに比べると自由度が高い

共有サーバーはあくまでも多数の人が使うことを前提としたサーバーですので、自由に開発ができる余地は少ないです。

それに比べるとVPSは仮想ではありますが、独自のサーバー環境があるため、開発自由度がはるかに高いです。

デメリット

VPSのデメリットを2つご紹介します。

サーバーの設定や運用などは契約者本人がやる

開発の自由度は高いですが、その分、自分で設定・運用をしなければいけない手間がかかります。

サーバーにあまり詳しくないという人は手こずる可能性があります。

専用サーバーに比べると性能は劣る

共有サーバーに比べればネットワーク通信も快適ですし、他のユーザーからの影響も受けにくいですが、あくまでも1つの共有サーバーを使っている以上、全く影響を受けないというわけではありません。

また、母体のサーバーが機能停止となれば当然同じように機能停止します。

こんなシーンで使われる

VPSを使うのに適した人をこんなシーンで実際に使われていますという事例を交えて紹介します。

独自アプリの開発

独自アプリを開発するとなると自由に開発できる環境が適しています。
他のユーザーからの影響も受けにくいVPSの特性を活かすことができます。

仮想OSを作りたい

仮想OSを利用して自由度高く開発を進めたいというユーザーにとってもVPSは適しています。

専用サーバーや大手クラウドサービスを利用するほどではない

専用サーバーまたはクラウドサービスを利用する場合は非常に割高な費用がかかります。

大企業のような専用サーバー環境を用意するのメリットがあるユーザーを除けば個人レベルでは多くの場合、そこまでのスペックは必要ありません。

XM(XMTrading)のVPS

XM(XMTrading)のVPSのアイキャッチ画像

XMでは無料でVPSの利用が可能です。
スペックは以下のようになっています。

<マシンスペック>

  • OS:Windows 2012 R2
  • CPU:1コア(600MHz)
  • メモリ:1.5GB RAM
  • HDD:20GB

ちなみにこのVPSはXMが所有しているものではなく、別会社のBeeksFXのサービスになります。

冒頭紹介したVPSが無料で使用できるとなればワクワクしますが、実は条件が2つあります。

<無料で使用するための条件>

  1. 月に5ロット(50万通貨)以上取引を行っている
  2. 口座入金額の合計が60万円(5000$)以上

つまり、口座への入金額が60万円以上の状態で、月の取引量が5ロットを超えないと使用できないことになっています。

ちなみに1ロットの大きさはXMの場合口座によって異なります。

  • マイクロ口座:1ロット=1,000通貨
  • スタンダード口座:1ロット=10万通貨
  • Zero口座:1ロット=10万通貨

ここでは話を分かりやすくするために、「スタンダード口座を用いる」という前提で解説していきます。

すると、5ロットは全部で50万通貨の取引が必要ということになります。
仮に米ドル/円の取引をしていて1ドル100円のレートだとすると、50万通貨の取引は下記の計算になります。

50万円×100=5,000万円

つまり、5,000万円分の取引をしないといけないということになります。

では、この条件に合わないとどうなるのかと言えば、月々28$が自動引き落としされることになります。

また、口座残高が0円になった時点で無料でのVPSの使用は強制終了となります。

メリットだけが目につきますが、実はそもそも無料でサーバーを利用するまでのハードルがかなり高いのです。

ここまでの説明だと、無理して無料の条件に当てはまるように取引をしなくても良いと感じる人もいるでしょう。

ただし、XMのVPSには厳しい条件を課しているだけに使用できるメリットも多いです。ここからはXMのVPSが持ち合わせるメリットとどんな人にXMのVPSが向いているのかを解説していきます。

メリット

まずはXMのVPSのメリットを解説していきます。

取引に関するメリット

-取引サーバーが海外のため、国内のものより約定スピードが速い
XMが用意しているVPSはサーバー自体が海外にあります。

もし国内のサーバーを使うことになると日本のサーバーから海外のサーバーへ通信をすることになるため、非常に取引にかかる負荷も大きいですし、やはり通信速度は比較をすれば劣ります。

その点、XMのVPSを使えば海外サーバーから海外サーバーへの通信となるため、比較すれば明らかに処理速度が速くなります。

FX取引においては約定スピードがものをいう部分があるので、トレーダーにとっては見逃せないポイントです。

-24時間起動して自動売買システムを走らせることができる
XMの取引を行う取引プラットフォームを起動させておくと非常に多くの通信料を使うことになるため、パソコン動作が非常に遅くなります。

また、消耗も激しく場合によっては早期に買い替えが必要になるケースもあります。
長く取引をするうえで、そのような環境でトレードをしているとパソコンの様子が気になって取引に集中できません。

環境を整えるという意味では、XMのVPSを利用した方が間違いなくよいでしょう。

-スマホでも確認できるようになる
自身のパソコンに取引プラットフォームをダウンロードして使用した場合、使えるのはパソコンのみでスマホやタブレットからはプラットフォームにアクセスするのが難しくなります。

しかし、VPS環境にプラットフォームがあればスマホだろうとタブレットだろうと、どこからでも状況をチェックすることができます。

また、パソコンも選ばずに取引をすることができるため、自由度が高くなります。

費用面でのメリット

-新しく高スペックのパソコンを買わなくて良い
もしパソコンにプラットフォームをダウンロードして取引をするとなれば、場合によっては高スペックのパソコンを用意する必要があります。

VPSを使えば特定のパソコンを利用する必要もないため、わざわざ高スペックパソコンを買いそろえる必要がありません。

-電気代がかからない
取引プラットフォームを起動させ続ければそれだけ電気代がかかることになります。

仮に24時間365日起動し続けると1ヶ月で約700円、年間で約8,000円の費用になります。

これに普段の電気代も追加となれば決して軽視できる金額ではなくなるので、なるべく節約していく思考に切り替えたほうがお得でしょう。

リスクヘッジとしてのメリット

-火事・災害対策
VPSを利用することはリスクヘッジの意味でもメリットがあります。

仮に取引をしている際に自宅で火事が起こったり、急な停電に見舞われて取引プラットフォームがダウンしてしまえば、自分でサーバーを抱えていた場合にもろに影響を受けることになります。

VPSはあくまでも海外にあるサーバーに取引プラットフォームおとして使っている状態になるので全く影響がありません。もしもの事が起こってから後悔では遅いです。

向いている人

XMのVPSを使うのに適している人を解説します。

-自動売買をする人
自動売買をする人は、基本的に最初の設定だけ行って後はずっとプラットフォームを動かし続ける放置型のトレードをします。

すると当然、電気代もかかりますし、万が一の時のリスクもあるのでVPSを使用することでいずれも回避することができます。

-スキャルピングをする人
スキャルピングで利益を出していく人にとっては、1秒のズレが命取りになります。

そこで海外にサーバーがあり、約定スピードが速いVPSを使った方が自分が意図したタイミングでの約定ができるため成果につながりやすいです。

-複数端末で利用したい人
特に自動売買をする人にとっては自分が設定したとおりにキチンと稼働しているかは気になるところかと思います。

その場合は出先でもスマホでちょっと確認をするなどの対応ができるため、VPSの利用が適しています。

-リスクヘッジをしておきたい人
一度に大量の通信を行うことになればパソコン、サーバーがどんな状況になるかは分かりません。
仮にそれで火事が起こって取引がパアになってしまったら一番やるせないのは自分です。

万が一のことも想定して、対策を練っておくのは長くトレードをやる人にとっては重要です。

XM(XMTrading)のVPSの注意点

XM(XMTrading)のVPSの注意点のアイキャッチ画像

次にXMのVPSを利用するにあたって気をつけるべき注意点を解説します。

条件を満たさなければ有料

XM(XMTrading)のVPS」で紹介しましたが、2つの条件を満たさなければ月額28$という費用が発生します。

また、当初は条件を満たしていても、口座残高が0円になることでVPSは無料で使える設定は自動解除されてしまいます。

月額28$で安定してVPSが使えるならOKという感覚の人もいるでしょうが、できることならなるべく費用は抑えたいのが本音ではないでしょうか。

海外サイトのため日本語対応していない

日本人にとっては機能や費用云々よりもこちらの方が気になるかもしれませんが、海外のサーバーのため日本語対応はしていません。

そこまでスペックが必要か

自動売買やスキャルピングなどで継続的にプラットフォームを起動させておく必要があるものは別としても、裁量トレードなどで時間的に限られた中でトレードする人たちには果たしてそこまでのスペックが必要か、という点も考える必要があります。

他のサーバーを使用するのも手段

人によってはXMのVPSではなく、他の会社のサーバーをレンタルするという選択を取るべき人もいます。

国内でも海外でもサーバー会社は他にもたくさんありますので、費用面や使用頻度などを考慮して選択することをおすすめします。

特に取引量がどう考えても条件以上にはいきそうもないという方にとっては、他にもっと安くて自分にあったサーバーがあるならそちらを選ばない手はありません。

XM(XMTrading)のVPSまとめ

XM(XMTrading)のVPSまとめのアイキャッチ画像

いかがでしたでしょうか。
ここまでVPSおよびXMが提供しているVPSの特徴を解説してきました。

VPSは専用サーバーと共有サーバーの良いとこどりをしたサーバーで、XMはVPSを無料で使用できます。
ただし、無料で使用できる条件として、

  1. 月に5ロット(50万通貨)以上取引を行っている
  2. 口座入金額の合計が60万円(5000$)以上

という設定を設けており、人によってはかなり厳しい条件ではあります。

XMのVPSのメリットまとめ

XMのVPSを使用するメリットおよび使用に向いている人は下記のようなものでした。

〇取引に関するメリット

  • 取引サーバーが海外のため、国内のものより約定スピードが速い
  • 24時間軌道して自動売買システムを走らせることができる
  • スマホでも確認できるようになる

〇費用面でのメリット

  • 新しく高スペックのパソコンを買わなくて良い
  • 電気代がかからない

〇リスクヘッジとしてのメリット

  • 火事・災害対策

〇向いている人

  • 自動売買をする人
  • スキャルピングをする人
  • 複数端末で利用したい人
  • リスクヘッジをしておきたい人

XMのVPSのデメリットまとめ

さらに、注意点として以下のものがあげられました。

  1. 条件を満たさなければ有料
  2. 海外サイトのため日本語対応していない
  3. そこまでスペックが必要か

総じて言うならば安定して常日頃から本格的に取引をする人や自動売買、スキャルピングなどのパソコンの継続起動をする必要がある取引をする人、そもそも取引量やFXにかける投資額が大きい人には適しています。

他のサーバーを検討するのも1つの手ですから、比較検討してみて自分に最適なサーバーを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です