XM(XMTrading)でスキャルピングならZero口座

XM(XMTrading)でスキャルピングならZero口座のアイキャッチ画像

スキャルピング手法

スキャルピング手法のアイキャッチ画像

スキャルピングは短時間で多くの取引を行い効率良く利益を得る手法で、海外の業者によっては禁止されていることもあります。

短時間で取引するメリットは取引あたりの勝率が高くなり、利幅が低くても積み重ねることで確実に稼げるようになる仕組みです。

スキャルピングの語源は、インディアンが行っていた「頭の皮を薄く剥く」ということに由来し、市場から薄い利益を確実に取れるようにしています。
また、頭はスカルと呼ばれ、スカルがそのままスキャルに変化した言葉になります。

取引時間は数秒から数分間で決まり、相場が動きやすいタイミングを狙うと利益を出しやすくなります。

FXでは通貨ペアや口座タイプによってスプレッドが異なり、小さいと取引コストを減らせます。スプレッドはメジャーな通貨のペアになれば狭くなり、ユーロや米ドル、日本円などが該当します。

スキャルピングはチャートの見方を把握しているプロに向いているといえ、上がるタイミングで購入して下がる前に売る行為を何度も繰り返すと利幅が低くても勝率を高めて確実に稼ぎやすいです。

メリットはリスクが低くて短い時間でも多くの経験を積め、結果がすぐに分かるため安心できます。

スプレッドが狭い口座はボーナスがないことや最低入金額が多いなど通常の口座タイプより制限がありますが、その分確実に稼ぎやすく上級者に選ばれやすいです。

値動きはギャンブルではなく根拠があるため、慣れてくれば買い時と売り時をきちんと見極めることができます。

スキャルピングは取引時間が非常に短く約定時間が短くてスプレッドが狭くなるように業者や通貨ペアを選び、レバレッジを高くすると稼ぎやすいです。

レバレッジはスプレッドが狭い口座を選ぶと制限されることもあり、慎重に業者を選ぶ必要があります。

スキャルピングは約定に時間がかかることやスリッページが起きやすいと意味がなく、どの取引市場にサーバーを置いているか確認して決めることが大事です。

NDD方式であれば取引時間が短くておすすめですが、国内の業者のようなDD方式では間にディーラーを挟むため時間が長くなってしまいます。

取引方式がDD方式の時は業者が損失を防ぐように不利約定やリクオートなどを使われ、あの手この手で負けさせようとしてきます。

スキャルピングは超短時間の取引を行うため、海外の業者にするとNDD方式のため確実に稼げますが制限がある業者も多いです。

XM(XMTrading)のZero口座

XM(XMTrading)のZero口座のアイキャッチ画像

XMにはスタンダード口座のほかマイクロ口座とZero口座の3つのタイプがあり、それぞれの違いを把握して選ぶ必要があります。

Zero口座はスプレッドを狭くすることを前提に設定され、ECN方式を採用していることが特徴です。

スプレッドが狭い原因は取引をする際にブローカーがいないためで、市場のものとズレがないためトレーダーに有利です。

ただし、それでは業者側が利潤を確保できないため、別に取引手数料を設けているためスプレッドと合わせてトータル的に考える必要があります。

取引手数料は片道あたりの数値が示されていることがあり、取引プラットフォームMT4では発注と決済をまとめて差し引かれますがMT5ではそれぞれの工程で差し引かれる仕組みです。

取引コストはスプレッドと取引手数料の合計値で比較し、全体的に比べるとスタンダード口座と比べて安くなります。

Zero口座を使うメリットはECN方式を採用することで間にブローカーがいないため、必ず約定ができて時間が短いです。

取引手数料は経費として報告でき、利益を出して確定申告を行う際に報告すると節税ができます。

一方のスプレッドは経費として扱われませんが、取引手数料が高くてもコストが低い業者を選ぶと効果が高いです。

スキャルピングは短期売買を繰り返すためいかに取引コストを減らすかが求められ、Zero口座を選ぶと効果があります。

デメリットは最低入金額が高く、XMではスタンダード口座やマイクロ口座では500円ですが、Zero口座では1万円になります。

Zero口座はスプレッドが狭いことがメリットですが、通貨ペア別に取引手数料が設定されその都度計算することが必要です。

他にも、スプレッドが狭い分口座開設ボーナス以外のボーナスがなくロイヤリティプログラムも適用されないなど制限があります。

スタンダード口座では57種類の通貨ペアとコモディティ、株式。仮想通貨のCFDもありますが、Zero口座は56種類の通貨ペアとコールド、シルバーに限定されます。

最大レバレッジは他の口座の888倍に比べて500倍に制限されますが、それでも他社よりも大きくて少ない証拠金で利益を確保しやすいです。

デメリットは取引手数料が他社よりも高く設定され、1ロットあたり10ドルと高くなります。

XMの口座タイプを選ぶ時はメリットだけでなくデメリットもあり、トレードのスタイルに合わせて決めることが大事です。スキャルピングを中心にする時はZero口座が向いていますが、他社よりも取引手数料が高くスプレッドと合わせて比較してから決める必要があります。

ただし、XM(XMTrading)のZero口座は手数料がかかる

ただし、XM(XMTrading)のZero口座は手数料がかかるのアイキャッチ画像

XMのZero口座はスタンダード口座などと比べてスプレッドが非常に狭く設定されていますが、実際には取引手数料が設定されているため極端に取引コストが安くなるわけではなく注意が必要です。

取引手数料は10万ドルの取引に対して片道あたり5ドルになり、発注と決済をすれば往復分になり10ドルになります。

手数料が引かれるタイミングは使用する取引プラットフォームによって異なり、MT4であれば取引の際にまとめて差し引かれますがMT5であれば発注時と決済時にそれぞれ差し引かれる仕組みです。

取引手数料は基本的に業者によって異なりますが、XMのZero口座は他社よりも高めに設定されています。
取引コストはスプレッドと取引手数料の合計値になり、事前に計算してトレードスタイルに合わせて決めることが重要です。

スタンダード口座やマイクロ口座はスプレッドを広くする代わりに取引手数料が設定されていないため、どちらのタイプが有利であるか把握して選ばないと失敗することになります。

取引手数料はスプレッドを狭くすると業者が利益を確保できないために設定されているため、安易にスプレッドの狭さだけで判断すると失敗することもあります。

スキャルピングを中心にトレードをする時は基本的に取引コストで比較し、ボーナスや最低入金額など様々な項目を確かめてから選ぶことが大事です。

XM(XMTrading)はスキャルピングを認めているが禁止事項がある

XM(XMTrading)はスキャルピングを認めているが禁止事項があるのアイキャッチ画像

スキャルピングは業者によっては禁止されていることもありますが、XMでは認めているため短期売買をするために選ぶと便利です。

短期売買はスキャルピング以外にEAもあり、自動売買を使えば効率良く利益を出せます。

しかしながら、XMではスキャルピング取引に対して条件を設定するため、事前に把握して違反をしてすべての利益を没収されることや口座を凍結されるようなことがないようにしないと無意味になり注意が必要です。

XMで禁止されている取引は、両建てやアービトラージ、接続の遅延などがあり、事前に把握してトレードを行う必要があります。

XMは1人で8つの口座を開設できますが、その口座間での両建ては禁止されています。

他にも他社間や他人の口座との両建ては禁止され、スワップポイントをもらいにくくなります。

通貨間の価格差を利用したアービトラージは全面的に禁止され、マイナーな通貨ペアを利用したスワップポイント狙いの取引は不可能です。

取引価格は時間によってリアルタイムで変動し、多くのアクセスが集中すると遅延が起きやすくてズレやすくなります。
このタイミングでトレードをすると不正行為になることもあり、なるべく避けるようにすることが大事です。

XMでは公式サイトでスキャルピングを全面的に認めてはいますが、両建てやアービトラージは禁止されていることをきちんと把握する必要があります。

スキャルピングは海外の業者でもLAND-FXなどは禁止されているため、比較する際には事前に確かめてから決めることが大事です。

XM(XMTrading)のスキャルピングまとめ

XM(XMTrading)のスキャルピングまとめのアイキャッチ画像

XMでスキャルピングをする時は両建てやアービトラージが禁止されているため、短期売買や自動売買をする前に確認する必要があります。

Zero口座は基本的にスプレッドが狭くてスキャルピングに向いていますが、実際には取引手数料が加算されるため通貨ペアによっては他社よりも不利になることも多いです。

Zero口座はスタンダード口座と比べてスプレッドが狭いことが最大のメリットですが、実際には最低入金額が1万円と高めになり口座開設ボーナス以外のボーナスやロイヤリティプログラムがないなどそれなりに制限があります。

スキャルピングはNDD方式の業者になれば取引時間が短縮されて約定拒否もなく、XMは該当しているため安心です。

XMは全注文の99.35%が1秒以内で執行され、リクオートや注文拒否が一切なくリアルタイムでするためスキャルピングには向いています。
ただし、両建てやアービトラージが禁止されていることや、取引手数料は往復で1.0pipsかかるなど他社と比べて自由度が少ないことがデメリットです。

スキャルピングをする時はレバレッジが最大でスタンダード口座の888倍からZero口座では500倍に制限されるものの、他社よりも高い水準のため少ない証拠金で多くのポジションを持てます。

注文方式はNDD方式のため安心して取引ができ、DD方式のように不利になるとトレーダーを負けさせるようなことをしてこないため安心できます。

スキャルピングをする時は少しでも取引コストを抑えるようにしたいものですが、実際にはZero口座はスプレッドがかなり狭くても取引手数料が高くスタンダード口座と比べて差が小さいことが現状です。

スタンダード口座はレバレッジは最大で888倍と高くて最低入金額が500円と低く。口座開設以外に入金でもボーナスがありロイヤリティプログラムもあります。

スキャルピングは短い時間で利益を出しやすい手法ですが、XMにおいては認められているものの両建て禁止など条件があるため注意が必要です。

Zero口座はあくまでもスプレッドを狭くすることに特化しているため、スキャルピングに向いているかといえば必ずしもそうでないこともあります。

スキャルピングは限られた時間で効率良く取引をすることが求められ、約定能力だけでなく取引コストを比較して決めることが大事です。

スタンダード口座はZero口座よりも入金ボーナスやロイヤリティプログラムがあり、なおかつレバレッジが最大で888倍になり少ない証拠金でも高いポジションを保有できます。Zero口座は取引手数料が1.0pipsと高めで、スプレッドがいくら狭くても取引コスト自体は高くなりなおかつ制限もあるため難しいところです。

スキャルピングは短期で多くの取引をするためすぐに結果を出しやすいですが、両建てやアービトラージができないなどの制限があります。
スプレッドは常に変動するためトレードが集中しやすい時間帯は広がることもあり、なるべく避けるように計画を立てる方法が望ましいです。

XMは最大レバレッジが888倍と一獲千金を狙いやすいですが、スタンダード口座にするとスプレッドが広くなりZero口座にするとスプレッドが狭くても取引手数料が高めでボーナスやロイヤリティプログラムがないなど制限を受けます。

海外FXは追証なしのロスカットシステムがあるため高いレバレッジの勝負ができ、スキャルピングを許可されているため稼ぎやすいです。

XMでのスキャルピングは許可されていますが、様々な制限があるため口座凍結をされないように事前に確かめる必要があります。

スタンダード口座はボーナスが多くてスキャルピングの資金としても余裕を持て、スプレッドこそ広めですがレバレッジが高いことが魅力です。

スキャルピングトレードは初心者には難しいですが、上級者になると効率良く稼ぎやすくなります。ただし、必ずしもスプレッドが狭いZero口座が良いわけでなく、取引コストやボーナスなどを視野に入れて計算してから決めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です